連結納税制度

ビジネス用語の豆辞典

急速に移り変わるビジネス環境の中で
ビジネスマンなら当然知っておきたい
新旧ビジネス用語の豆辞典

連結納税制度

【サイト紹介】
『ビジネス用語の豆辞典』では基本的なビジネス用語から最新のビジネス用語までビジネスマンならぜひ知っておきたい様々な用語を厳選し、わかりやすくまとめ、解説しています。
情報化や国際化の波の中で現代のビジネス環境は大きく移り変わっています。
それに伴い、新しい経営手法、新しい技術がどんどん生み出され、その結果次々に新しい言葉やキーワードとなって登場しています。
日々、仕事に追われるビジネスマンにとって新しいキーワードを覚えきれないという方もあると思います。
さらには、いまさら誰にも聞けないビジネスの用語や意味もあるのではないでしょうか。
しかし、こうした言葉の中には時代の変化を的確に読み取り、ビジネスを優位に進めていくためのたくさんのヒントが含まれています。
ひとつの用語の意味を専門的に深く知る必要はないかも知れませんが、現代のビジネスマンにとって基本的なビジネス用語は広く知っておく必要があります。
当サイトが多くのビジネスマンのニーズにお応え出来れば幸いです。
     スポンサードリンク
 ビジネス用語の豆辞典  > ビジネス数字の関連用語  > 連結納税制度
 MENU
 TOPページ
 ビジネス用語一覧
経営のための基本用語
    経営の初歩的用語
    経営手法の関連用語
    人材活用の関連用語

経理・財務の基本用語
    ビジネス数字の関連用語
    株式のしくみ関連用語
    株式・証券の関連用語

ビジネスのための必須用語
    マーケティングの関連用語
    産業の変化がわかる用語
    ビジネスノウハウ関連用語
    情報技術の関連用語
    E-ビジネスの関連用語

経済のための基本用語
    為替の仕組み関連用語
    財政の関連用語
    社会保障の関連用語
    金融ビックバン関連用語
    債権・債務の関連用語
    経営環境の関連用語
    国際経済の関連用語
    環境問題の関連用語
    先端技術の関連用語

INDEX
    ア行
    カ行
    サ行
    タ行
    ナ行
    ハ行
    マ行
    ヤ・ラ・ワ行
    A〜Z行

カスタム検索
連結納税制度
■連結納税制度とは 
子会社・系列会社などの関連会社が共同で納税する合同申告制度。
個別企業の申告による納税制度は、関連会社が多額の欠損を出した場合、その企業の納税額がゼロになるだけ。連結納税制度の採用でグループ全体の合算された益金が課税対象となり、関連企業の1社でも欠損を出せば納税額は個別申告の合算納税額より少なくなる。
スポンサードリンク
Copyriht(C) ビジネス用語の豆辞典 All Rights Reserved